アメリカから帰国して、日本でクレジットカードに申し込んだ時のドキドキ体験。

ドキドキのクレジットカード審査体験

海外旅行が17年と長く、帰国してきて、まだ仕事もしていなかった時、郵便局でクレジットカードの勧誘のイベントをやっていました。

「いかがですか?」

と話しかけてきました。 私は自分がアメリカから帰国したばかりだということを説明しましたら、それでもアメリカで仕事をしていたのなら大丈夫でしょう、ということで、申し込み用紙に記入するように促されました。

アメリカはなんでもクレジットカードで支払う習慣のある国です。デパートからスーパーマーケットまで、どこでもクレジットカードで支払います。持っていて当たり前で、持っていない方がなんとなく変かも、という感じがします。

日本でのクレジットカード審査

私はアメリカのクレジットカードは何枚も持っていましたが、銀行もアメリカなので、もう、使えません。日本に帰って来て不安だったのがクレジットカードなしの生活でした。

郵便局で申し込みしたクレジットカードの審査は無事通過して、私のもとに新しいクレジットカードが送られてきました。嬉しかったです。

クレジットカード審査の情報サイトが便利

結局のところ、今回私は適当に申し込みをしたわけですが、カード審査の情報サイトなどを利用したほうがよかったようです。たとえばクレジットカードカードの審査で比較といったサイトで、審査情報などを調べてからカードの申し込みをすれば、より安心だったと思います。

そのような審査情報サイトは、必ずしも正確性があるというわけではないのかもしれません。が、それでも何も知らずにカードに申し込むよりは、かなり審査に通る可能性が上がると思います。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.5. Copyright(C)2011ドキドキのクレジットカード審査体験  - All rights reserved